FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬で勝って立川援交マンションで女を買う

「とった?」
「いやダメ」
「ふ~ん……そっか」
「まだメインがあるからさ。ところでいくらだっけ?」
「うちは2から」
「最後までだよね? 2か…じゃ、馬券取ったらまたくるよ」
「うん、がんばって♪」


こんな会話が飛び交う出会いスポットがある。

競馬で勝った。
大金を握りしめ、頭に思い浮かぶのは女。
だが、風俗じゃ味気ない。
金にモノを言わせて、素人女と飲んで、食べて、それからラブホで本番セックス。

そんな最高の休日を過ごそうと、週末は男たちでごったがえす。



場所は立川駅近く。
近くには西部エリア最大規模の場外馬券売場がある。
そのため、競馬好きがふらりと立ち寄っては女を物色していく。
やはりギャンブルと売春は切り離せない

さて、この出会いスポット最大の特徴が、
マンションタイプを謳っている点。
tachikawa56.jpg
女の子はそれぞれマンションのワンルームのような小部屋で待機。

で、男はパソコンもある専用の待合室で女の子を物色。
壁には女の子のプロフィールが飾られ……。

気に入った子がいれば、女の子がいる小部屋へ。
マジックミラーの小窓からジロ見して“現物”をチェック。

「デートしたい」と思ったら
女の子の部屋でマンツーマンのトーク(別料金/事前に申告が必要)となり、
人目を気にせず、なんやかんやと交渉できる。

とまあ、こんな流れだが
入場料2000円、トーク料3000円。
新規ならば入会金5000円がかかって合計1万円と
かなりハードルが高い。

それでも、週末は男性客でにぎわう。
待合室にいる男の大半は競馬中継に耳を傾けている。
勝てばそのまま極上女を連れ出してエッチができる。みな表情は真剣だ。

この出会いスポットの良さは、
何より女の質だろうか。
援交女にしても、
池袋や渋谷とは違い、あまりガツガツしていない。

ここで出会った25歳のOLとのトークはこんな感じだった。

女「もしかして競馬勝った?」
自分「いや」
女「負けたんだ……で、今日はどうする?」
自分「できれば5千円で」
「……手ならいいけど。あと、ご飯おごってくれたらうれしい」


ちなみに彼女は中肉中背で巨乳でも貧乳でもない。
顔は何と表現したらいいか…
あえて言えば椿鬼奴を10歳くらい若返らせた感じ
まあ、ブスでもなければ美人でもない。

とりあえず抜ければいい、と彼女を連れ出して近くの居酒屋へ。
競馬帰りのオッサンが行くような、赤ちょうちん。
彼女はけっこう酒好きで、チューハイをぐいぐい飲みほしていく。

2人ともホロ酔いになったところで
居酒屋を出て、休憩3000円の最低ランクのラブホテルへ。

女「え~と、5で手だよね」
自分「うん」
女「じゃ、脱いで。あたしも脱ぐから」
自分「???」


そんなやりとりの後、
「手は面倒くさいから」という理由で本番セックスという、うれしい展開に。
フェラはなしだが5千円でヤレたのだから文句は言えない。
kouhuturedasi659.jpg
しかしその前の居酒屋で払った飲み代が6千円弱。
これなら最初から1万円で交渉し、シラフでハメときゃよかったと後悔。

これからのG1シーズン、
大穴当てた競馬ファンたちが、ここで美女の争奪戦を繰り広げる。

↓出会いをもっと楽しむ精力サプリ
スーパーカマグラの詳細はコチラ




FC2動画




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
18位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。