FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗情報誌には載らない秘境ソープ探訪

最近は仕事で千葉、埼玉方面に行くことが多かったので
いくつか仕入れたネタをダイジェストで。

店舗型風俗、とくにソープランドというのは
たいてい駅近く、もしくはそれ相応の歓楽街にあるもの。

先月、某日にフラリと様子を見に行ったのが
千葉は市原にある五井中央スチーム
内房線の五井駅から約1キロの距離にある名物ソープ。
実際、現地に運び、その立地を見て驚愕。
噂通り、住宅街のど真ん中にあるではないか。

goichuou332.jpg

店の前の看板には「入浴料3000円」と書かれていた。
ということは、おそらく総額で1万5000円かそこらだろう。
突撃を試みようとしたのだが、店の前は更地。
さらに目の前ではガス管工事の真っ最中。
汗水流して働いているオジサンが見ている前で、
堂々とソープに入る気にはなれず……。
ここはいさぎよく退散することに。

その鬱憤を晴らすかのごとく、
足を運んだ2軒目の秘境ソープが埼玉県日高市にある個室浴場大川

hidakasoap107.jpg

数年前まではストリップ劇場も併設。
一大エロレジャー施設だったという。
写真を見ての通り、周囲は山。
畑の中にポツンとネオンが灯っているのは、まさに秘境ソープの名にふさわしい。

店の前には小さな赤い橋がかかっていて、
「どこかで見た光景…」と思っていたのだが、

02151540_511dd85c26dc8.jpg

まさにこんなイメージ。
(実際の橋はもっと小さいけど…)

おそるおそる店の門をくぐる。
普通に営業しているらしく受付のスタッフいわく、
「うちは総額で2万円。ここで5千円。あとは女の子に払って」

木目調の壁が印象的な内装の待合室で嬢を待つ。
5分ほどすると白いドレスをみにまとった50代?の熟女がお目見え。
奥のプレイルームへと案内される。

「うちは初めて? 
うちって一番若くて40代、上は60代までいるの
最近ほら、熟女ブームっていうの? 芸人さんとか好きな人いるでしょ
その影響かもしれないけど最近若いお客さんが増えてねぇ…」


そこで初めてこの店が熟女専門ソープだと知る。
何しろこのソープ、ネットにもあまり情報が出ていない。

お相手をしてくれた熟女さんが一糸まとわぬ姿に。
ちょっと怖いもの見たさもあったが、
実際に見ると、カラダのラインはそれほど崩れていない。

hidakasoap929.jpg
※写真はイメージ

プレイそのものはフツーのソープ。
お風呂に入っている間にマットの準備。
(湯船は小さくて潜望鏡プレイはなかったが…)
マットでひと通り前戯をこなし、
(これが熟女とはいえ馬鹿にできないテクニシャンぶり)
発射寸前まで追い込まれたところでベッドへ移動。
その後はゴムをハメて✕✕という流れ。

このソープの面白いところは指名料がたったの500円という点。
ただし、写真指名などはない。
前についた嬢を指名するのはもちろんOK。
もしくはいろんな嬢とヤリたい客が、
過去についた嬢を避けるために、名前だけで嬢を選ぶ。

さて、プレイを終えて車で帰路につく。
そこから高速で都内までは約1時間30分。
「なんでわざわざこんな遠出してまで…」と思ったが、
秘境ソープだけに、ちょっとした達成感が味わえた。
心地よい疲労に包まれた、そんな風俗体験でした。


超熟女のお相手をするときには欠かせないアイテム
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
18位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。