FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北関東の歌舞伎町」と言われた土浦は今

東京都内で店舗型風俗が激減したのは2006年。
風営法改正でホテヘルやデリヘルの受付所が「店舗」と見なされ
全面廃止に追い込まれた。

かといって、新たに風俗店の届出をしても、
これがまったく許認可が下りない。

昔から営業を続けている老舗もなんだかんだと
不景気のあおりを受けて、どんどん姿を消していった。

それと対照的に盛り上がったのがここ土浦

その盛り上がりは、ハンパではない。
店舗型風俗がズラリとメインストリートを埋め尽くす光景は、
「北関東の歌舞伎町」と言われたものだ。

とある風俗チェーンの幹部はこう話していた。
「土浦では2号営業の店舗型風俗(個室型ファッションヘルス)の許可が下りやすい。営業時間など基本的なルールをしっかり守り、よほど悪質でない限り、摘発が入ることはありません」

久しぶりに訪ねた土浦の風俗街は今も健在。
客は茨城県内はおろか都心からもやってくる。
土浦の風俗店は、大半が駐車場を完備しているのも大きな利点だ。

実はこの地にある某ソープランドは某相撲部屋の御用達で、
あの大横綱も頻繁に姿を見せていた。

かつて週1日は通ったヘルスでプレイを満喫した。
このヘルスは大手チェーンが経営しているだけあって、
女の子のレベルが高く、またサービスもトップクラス。

土浦=都落ち というイメージがあるかもしれないがトンでもない。

都心の店でも指名上位のコたちが
「もう東京じゃそんなに稼げない」と土浦行きを志願する。
DSC_6974のコピー
この日、お相手してもらったのは22歳の色白のギャルだった。
テクニックのあるコは、やたらと客のチ●コには触れない
太ももや足先、腹などの性感帯を探り当て、
そこをピンポイントに責めつつ、ジワジワと盛り上げるのがうまい。
ようやくフェラにいたったときは、すでに暴発寸前。
あやうく出そうになると、根元をキュッと締めて射精を止める

「まだダメ~。これからがイイとこなの」

小悪魔っぽい笑みに欲情しながら、ラストは騎乗位スマタで。
せっかくの土浦。
どうせなら2軒、3軒と攻める予定だったのが、
この1軒ですでに精力を使いきり、そのまま帰路についたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

激安でハメ撮り可能な風俗 そのカラクリ



去年の夏ごろからハメ撮りをオプションに盛り込む風俗店が増えている。
理由はわからないが九州福岡のデリヘルが
次々とハメ撮りサービスをはじめたところ、話題になり、
そのブームが東京にまで波及してきたという。

ところが、このハメ撮りオプション

女の子にとってはかなり大きな危険がつきまとおう。
動画が流出しようものなら、親バレや恋人バレ、
それどころか半永久的にアソコが晒されてしまうのだから…。

そのため、店側も流出防止のためにあらゆる対策をとっている。

1 客に身分証明書を提示(コピー)させ、「流出させない」旨の契約書を書かせる
2 動画はすべて店の機材を使用し、撮影したテープは店に返却させる
 (動画そのものよりあくまでハメ撮りを楽しむコース)
3 客が動画を持ちかえる際は、店側が編集、モザイク加工を施す(別途編集費用を徴収)


風俗でハメ撮りしてその動画を自宅でこっそり楽しみたい…。
たとえばこんな動画を撮っておけば…






何度もオカズにして風俗代も節約できるし…。
こんな動画を撮ってコンテンツマーケットで売って小遣いを稼いだり…。






それを実現するには、かなりハードルが高いのが実情だった。
だが、最近都内で「激安」「ハメ撮り」をうたうデリヘルが現れた。

なんでもプレイ料金は60分1万5000円。
ハメ撮りのオプション料金はたった5000円。
2万円でハメ撮りし放題(といっても本番行為は禁止してますが…)。

「ハメ撮りのオプションできるコでお願いしたいのですが…」
さっそく都内某所の安いラブホで嬢を呼んでみた。
撮影可能な嬢はえり好みできないと聞いていたが、
これがどうしてなかなかのスレンダー美女。

「コンバンハ。撮影デショ。アソコアップ、ダメ」

格安でハメ撮りができる店。
そのカラクリはなんてことはない。
ハメ撮りに対応する嬢が全員中国人。しかも彼女は留学生だった。

もちろん、いずれは中国に帰るといっても
ネット流出の恐さは彼女も重々承知しているようだった。
プレイ中は黒ぶちのマスクにメガネを装着。
フェラからシックスナイン、スマタ発射までの流れを
アイフォンで撮影しまくった。

撮った動画を見たが、そこはやはりシロウト。
手ぶれしまくりで、肝心な部分が真っ暗で映っていなかったり…。
AVのプロのようにはいかなかったが、
それはそれで個人観賞用にはいい記念になった。
関連記事

足立区で出会ったシングルマザーの売春婦

託児所つきの風俗店が「セーフティネット」

クローズアップ現代で取り上げたシングルマザーの実態が話題になっている。
なんでも、20代のシングルマザーのうち8割が年収114万円未満。
寮や託児所つきの風俗店が彼女たちの駆け込み寺になっているという。

実際、風俗や売春で稼ぐシングルマザーは多い。
だが、いかんせん託児所の料金がハンパなく高い。
DSCN1082.jpg

「夜も預けられる24時間保育だと、
最低でも15万円はかかる。
生活を考えると風俗で働くしかない。
それでも生活するのがギリギリだから
足りない分は援交でおぎなっているの」


こう漏らしていたのはテレクラで知り合った23歳のシングルマザーAさん。
足立区在住の彼女と落ちあったのは北千住駅近く。

電話では「5(千円)でいいので…子連れでもいいですか?」と聞いてきた。
冗談半分で受け止めていたのだが、
待ち合わせ場所にベビーカーを押してやってきたから驚いた。

「もちろんお金もあるけど、
日中はヒマだから誰か遊んでくれないかと思って…
でも、子連れで会ってくれる男性ってなかなかいないんだよねぇ」



ラブホテルは入れるだろうか…。
受付で止められるのでは…。
そう思ったものの、入ったラブホテルは子連れウエルカムだった。

部屋にはサービスの駄菓子が置かれ、
子供のための小さな部屋(待機室?)もあった。

しかしどうも気が乗らない。
「う~ん、何もしないんじゃ…こっちが悪いし
あ、そうだ! じゃあ口でやったげる
先月まですぐ近くのピンサロで働いていたから」

結局、バスルームで情事におよぶ。
どうも勃ちが悪かったが、生フェラで抜いてくれた。

彼女とは今でもちょくちょく連絡を取り合っている。
今は昼間の仕事を見つけたという。
それでも生活費は足らず、気を許した数人の“常連客”に援交をもちかけている。

関連記事

カンボジアの巨大売春村で未成年たちが…

昨年の秋に出張で訪れたカンボジア。
その郊外にあるボエンコック湖は観光地としても有名だが、そのほとりに巨大売春村は存在した。
案内してくれたガイドいわく
「プノンペンでも女は買えるけど、
ちょっと足を伸ばせば半額くらいで遊べる。
といっても治安はあまりよくないので
一人では行かないほうがいい…」とのこと。
実際に行ってみると、これがかなり広い。というか長い。



1キロ近くにわたって置屋が軒を連ねる光景は圧巻だった。
客の大半は地元の男たちで、客が置屋の前を通るたびに、彼女たちは嬌声をあげて猛烈なアタックをしかけてくる。
カンボジアでは少女売春が社会問題になっているが、この村にも、ひと目で未成年とわかる少女たちの姿が見受けられた。地元の男の話によれば、「いい結婚話がある」「いい就職先がある」などと騙されて強制的に働かされている女性もいるという。

料金の相場はショートタイム(30分)で5ドルから7ドル。
選んだのは20代前半の女。彼女に手を引かれ、高床式の置屋に入っていくと、その内部はカビ臭く、南京虫がはいずりまわっていた。
もちろんシャワーなどはない。
置屋の裏手には洗濯場があり、まずはそこで下半身を洗うよう指示される。
そしてボロ板で仕切られただけの個室へ。
行為の最中、腐りかけた木製のベッドがギシギシと音を立てる。
いつ崩れるかハラハラしながらもなんとか射精を終えた。
床には無数のコンドームが放置され、そこに大量の蟻が群がっていたのが何とも印象的だった。
関連記事

何度も行きたい石川の顔見せ本番スナック



金沢で人気の観光スポットといえば兼六園。
日本を代表する大名庭園で、全国各地から観光客が訪れる。
その近くに位置するのが、石坂という置屋街。
蟹漁もひと段落して、財布も温かい漁師たちがこぞってやってくるスナックがある。
まだ日が落ちきる前の夕方、置屋街をブラブラしていると、
あいにく開店準備中。
だが、こちらのスケベ心を察したのかスナックのママが声をかけてきた。
「まだ遊ぶには早いけど、よかったらうちで飲んでいくかい?」
カウンターだけの小さなスナック。
小瓶のビールをちびちび飲んでいると、コンコン…とノックする音。
すると、ドアの隙間から次々と女の子が顔を覗かせては消えていく。
「気に入った子がいたら指名していいんだよ」と、ママ。
ここは石坂では有名な連れ出しスナック。
しかも女の子たちが順番に顔を見せていく独特のシステムがあり、
ハズレを引くことはない。
3番目に顔見せに現れた20代のギャルがなかなかエロい雰囲気を
醸しだしていたのでさっそく指名することに。
料金は1発2万円と高めだが、ギャルのレベルの高さを考えたら惜しくはない。
近くのラブホで大名気分を味わった夜。
固く再訪を誓ったのでした。
関連記事

究極にやばい 巣鴨の超熟女風俗に行ってきた2

前回の続き。
巣鴨で体験した超熟女風俗。
そこで出会ったのが72歳のデリヘル嬢。

しかし、そもそもなぜ巣鴨に超熟女風俗が多いのか。
今回の体験から、いくつか理由を導き出してみた。

1 待ち合わせ型のデリヘルも多い。他の街だと歩いているだけでかなり目立つが巣鴨ならお年寄りと歩いていても「孫との2人連れ」にしか見えない。
2 在籍している超熟女が客待ちの間、時間をつぶせる場所がたくさんある。


そして3つ目。
それはラブホテルも高齢者仕様になっている。意外とこれが大きいかもしれない。

この日、お店のすすめで利用したのは古めかしいラブホテル。
だが、入口から部屋にいたるまでは段差がほとんどなく、
バリアフリーを意識した作りになっていた。
部屋にあるお茶もティーパックではなく、お茶っ葉である。

「寒いですね~。お茶いれますから」

和室に置かれた卓で向き合い、
急須で湯呑にお茶を注いでくれた72歳のAさん。

お店ではかなりの売れっ子らしい。

「この間なんかね、お客さんに箱根に連れていってもらってね。
3日間だと、料金はだいたい10万円くらい
旅費とか宿泊代とか考えたら、『こんなおばあちゃんになんで?』
って思いますよね。
でもその方、30代くらいなんですけどね。
昔からおばあちゃん子で、でも早くにおばあちゃんを亡くされて、
東京でもひんぱんに指名してくれるんですよ」

その常連はこんなことを言っていたらしい。
『Aさんと一緒にいると、あの時できなかったおばあちゃん孝行ができたみたいで癒される』
かなりの大金をつぎこんでいるそうだが風俗的なプレイはいっさい求めないらしい。

Aさんいわく、射精を求める客とそうでない客の比率は前者が7、後者が3くらいだとか。

よく考えてみれば、彼女のような超熟女が、
若い子のようにフェラやスマタで奉仕するのは体力的にも難しい。
これは例の摘発とも関係あるのだけれど、
やはり客を射精させるには、●●しかない。
●●やっているのは明らかなのだから、「超熟女」を謳っている店は警察にマークされやすい。
だから最近は「超熟女」「60代」「還暦」をおおっぴらに謳う店はめっきり減った。

ちなみにAさんがこの店で働いているのは、
「若い人と接する機会がほしかった」というのが第一。
稼いだお金(といっても1日に何人も客をこなせるわけではないので日給にすれば平均5千円~1万円)は巣鴨で友人に食事をおごったりしてほとんど消えてしまうそうだ。

現在、都知事選まっさかり。
2020年には東京都の人口の4人に1人が高齢者になると聞いた。
嬢の供給はもちろん、客の需要も確実に増していくだろう。
現役バリバリの若いねえちゃんがお金ほしさに●●するのと、
超熟女が●●するのは、ちょっと意味合いが違うと感じた風俗体験でありました。

「あの…Aさん、写真とってもいいですか? 顔は出しませんから。ブログにのせたくて」
「ぶろっく? ……ああ、ぶろぐね。あの電子のやつね。どうぞ、どうぞ、こんなおばあさんでよければ。えっちなポーズとかはできないけど勘弁しておくれ」
choujukujo0079.jpg

どうかいつまでもお元気で。
関連記事

究極にやばい 巣鴨の超熟女風俗に行ってきた1

このブログをはじめてそろそろ3ヶ月。
なんとなくはじめたこのブログ。

ごくたま~に副業でライター(おもに風俗潜入取材)をしているけれど、
文章や写真が雑誌か新聞に掲載されればそれっきり。
(風俗のお代を考えたら赤字ですね)
「なんかもったいないな~」と備忘録のノリで書き始めたところ、
最初の月の約5倍と、アクセス数もそこそこ伸びてきているようだ。
本業が忙しいときはどうしても更新が滞りがちですが、
今後ともよろしくどうぞ。

さて、ここからが本題。

なぜ「やばい風俗」にこだわるのか。


美人は3日で飽きる。とはよく言ったもので、いわゆる“当たり”をひいたときは
その場では盛り上がるものの、3日も経つとほとんど記憶にない。

逆に嬢がすごい××だったり、
探すのがめちゃめちゃしんどかったり、
入るのが躊躇われる完全非合法の闇風俗だったり、
スリルあふれる風俗体験というのはなかなか忘れられないもの。

だから、たまにはあえて地雷を踏んでみたくなる。
「高級デリヘルでモデル級の美人とハメた」なんて当たり前の話はつまらない。
しかし、やばい風俗は一生ものの話のネタになる。
そして何より“人間”の面白さを再確認する場でもある(と格好よく書いてみる)
そんなことをつくづく感じさせてくれたのが、巣鴨にある某デリヘル。
そこでお相手したのが彼女。
choujukujo950.jpg

御年72歳。
料金はホ別で60分1万円
ちょっと前に摘発で話題になった超熟女風俗。
一時は壊滅も囁かれたが、やはり老舗は生き残っているようだ。

「はい、ありがとうございます。ご希望はございますか?」
電話に出たスタッフの応対が小気味いい。
「できれば…あの…できるだけ高齢な方で」
「かしこまりました。ではホテルに入られましたらもう一度お電話ください」

という流れで駅近くのラブホで巡り合ったのが72歳の彼女。
いったいどんなプレイになるのか。

………続く
関連記事

風俗嬢の“裏引き”が解禁されつつある

突然ですが……

みなさん裏引きって知ってますか?

普段はあまり聞かない言葉ですが
風俗の世界では、店を通さずに女の子と直接会ったりサービスしてもらうこと。
よくヘルスのプレイルームで「メールのやりとり禁止」
「携帯番号交換の禁止」といった貼り紙があるけど
まさにこの直引きを取り締まるためのもの。
もし店にバレたら一大事。罰金100万円を請求されたケースも知っている。

ある風俗店のオーナーはこんなことも言っていた。

「直引きやってる子はだいたいわかる。
この不景気でしょ? それまで週6とかフルで働いていたのに
急に休みがちになって。
『フリーのお客さんもっとふって』とか言っていたのに、
急にガツガツしなくなったり。
でも探偵まで雇って証拠おさえても割に合わないから
たいてい放っておくかな」



昔は風俗嬢のチクリで直引き男をつかまえては
住所や勤務先を聞き出した上でいくらかの慰謝料を請求。
ふんだくった慰謝料を店と女の子で山分けというのが定番だったが
今はそんなことやってる店はないらしい。

またお店によっては待機室も持たず、女の子は事務所の近くの漫画喫茶で待機。
漫画喫茶代は自腹。
お茶をひいても最低の保証などなく完全歩合制だから
直引きは大歓迎という女の子は多い。
むしろ女の子のほうから積極的に仕掛けてくる。
お店も放置プレイ状態。
直引きはもはやタブーではなくなりつつある。

関連記事

秘湯ナンパの名所が群馬の山奥にあった

寒波が押し寄せて、夜の冷えこみも一段と厳しくなった今日この頃。
テレビで温泉旅行番組を見ていて、ふと思い出したのが、
群馬にある天然露天風呂S焼温泉。もちろん混浴。
昨年、知人の混浴好き(夫婦)と訪問したときのことを思い出してしまった。
冬場秘湯というと、たいてい山奥にあって
道路が封鎖されていたりするものですが、
この温泉は季節を問わず楽しめるのが秀逸。
秋には紅葉、冬場は雪見の天然混浴温泉が楽しめるとあって
全国から秘湯ファンが訪れる。
この混浴秘湯を楽しむにはやはり空気の澄んだ早朝がベスト。

日が高くなると、人も多くなって、景色を楽しむどころじゃない。
「え~ここって脱衣所もロッカーもないの~~!?」
わざわざ訪れたものの、その野趣あふれる場景に躊躇して
引き返すカップルを今まで何度見てきたことか…。



東京を深夜に出て、現地に到着したのはちょうど日が昇りかけた頃。
連れの混浴マニアの夫婦と一緒に湯につかる。
そして、そこにやってきたのが20代後半の女性。
なんでもバイクで日本中を旅しているらしく、
この温泉は何度もきたことがあるという。
そして実に堂々とした脱ぎっぷり。
われわれの目も気にせずに、服や下着を脱ぎ捨てて
タオルもまかずに(一応、この温泉でタオルまきはマナー違反らしいです)
おっぱいも隠さずに川っぺりの湯につかる。

『女性のカラダをジロジロ見るのはマナー違反』
とわかってはいても、つい見てしまうのは男の悲しい性。

そして続けざまに、美女が一人、また一人と訪れては
砂利だらけの川原に服を脱ぎ捨てて、入ってくる。
この温泉、面白いのは川原の天然温泉だけあって、
底は大きな岩やゴツゴツした石だらけ。
恥ずかしさからタオルでおっぱいや局部を隠しながら歩いていて
ちょっとバランスを崩して転倒してしまう女性を何人も目撃してきた。
そのへんはまったく整備されていない天然温泉なので、
ぜひ注意してもらいたいのですが…、
転倒した女性にやさしく手をさしのべて…
さらに近場の貸切露店風呂に連れ出して…というのが
この温泉のナンパの常套手段らしいです。

自分はちょっとオッサンなのでアレなのですが
若い男性はぜひ早朝にいって、ナンパの機会をうかがってみてはどうでしょうか。
ワニ男と紙一重かもしれませんが…。
関連記事

長野で発見 ちょっと変わった連れ出しスナック

風俗不毛の地と言われる長野。
ソープランドはもちろん、店舗を構える風俗店はほとんどなく、
デリヘルなどの出張型がほとんど。
だが、たからこそアングラにはユニークな風俗店がゴロゴロある。
それが権堂町にある一軒のラーメン屋だ。
一見、普通のラーメン屋だが夕方にはラーメンは品切れになってしまう。
「スープがもうなくなっちゃってね。悪いね」
店のオヤジはこう言って客の反応をうかがうようだ。
事情を知る客は構わずにビールを注文する。
すると、店の奥から女のコがやってきて、
「私も一杯イイデスカ」という流れ。
昼はラーメン、夜は連れ出しというかなり変わった店だ。
連れ出し料金は2万円。
ちと高いが、他にあまり選択肢がないせいか(?)、
かなり繁盛しているようだ。

この日、連れ出したのは中国美女だった。それもかなりの巨乳。
中国といっても南の雲南省あたりの出身のようで、
小麦色の肌がかなりエロい。
騎乗位で躍動するGカップ(推定)がいまだに忘れられない。
心に固く再訪を誓ったのでした。





関連記事
プロフィール

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
23位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。