FC2ブログ

日本にもドライブスルー風俗があった




ちょっと前に話題になったスイスのドライブスルー風俗。
その名もセックスボックス。
政府公認の売春施設だそうで、決められた営業時間内で、売春婦がいろいろとエッチなサービスをしてくれるとか。
しかし日本にもドライブスルー型の風俗は昔から存在していた。
神奈川県某所。
駅前で客待ちしていたタクシーの運転手さんに聞いてみると……。
「あ~。知ってるよ。そこらへんの電柱にチラシが貼ってあるから、すぐにわかると思うけど…。なんなら店まで連れていってやろうか?」
タクシーでワンメーターほどの場所に噂の店はあった。タクシーを降りて恐る恐る近づくと、怪しいネオン装飾が施された家屋の前に「受付」があった。そこに置かれたチラシには大きく『システムをよくご理解してからご連絡ください』と書かれている。
さっそくチラシに目を通した上で、電話してみる。
「初めてのご利用ですか? 本来は30分前に予約が必要なのですが、今回は特別です。すぐにご案内いたします」
10分1980円というピンサロコースをチョイス。車で来店した客は、店の奥にある駐車場に車を停めて、車内でのプレイになるというが、こちらはあいにく徒歩。倉庫のようなプレイルームに案内されることに…。
「こんばんは」
待つこと3分、家屋から一人の女性が出てきた。
意外に若く、20代半ばといったところ。安藤ミキティ似で、かなりキュートだ。挨拶するや否や、さっそく倉庫のなかで服を脱ぎはじめた。
倉庫には小さな豆電球が灯っているだけ。薄暗くて、ちょっと不安になるが……。
「じゃ、サービス入りま~す」
懐中電灯とウエットティッシュを手に、ペニスをお掃除すると生フェラをスタート。
プレイ時間の10分ももたずに、彼女の口内にドクドクと精液を放出してしまった。
今度は車でホンモノのドライブスルー風俗を体験しよう。
そう思っていたものの、時間ばかりが経ってしまい……。
このスイスの風俗記事を見て、再訪を思い立ったものの、店の電話番号はつながらなかった。




一度だけ樹海にデリヘルを呼んだことがある



青姦ってハマるとヤミツキになります、マジで。
でも、青姦するには場所が重要。変な場所でハメハメしていて、通報されたらシャレになりませんから。
で、とっておきの青姦スポットが、タイトルにも書いた樹海。それも夏がベスト。
週末は結構、風穴やら観光スポットがあって人がちょこちょこ入っているものの、平日の昼間はほとんど人の気配がない。
それに、一番のメリット。それは蚊がいないこと。
ボウフラが育つ水たまりがないせいか、虫といえば、たまに大きなハエを見かける程度。これは大きい。
で、樹海にデリヘルを呼べるのって知ってた?甲府にある某デリヘルが、ひそかに提供しているのだ。紹介してくれた友人いわく……。
「死ぬ前に最後のセックスがしたいと思う男は多いよ。それに結構、自殺する奴ってのは現金もってんだ。そんな自殺志願者に、こっそり提供しているのが樹海デリヘル。もちろん、お店のホームページにはそんなコースは掲載されていないがね」
今年の夏、思い切って樹海へ。知人に聞いた番号に電話し、「樹海コースを」というと、細かい場所を指定してきた。
「○○湖の第○駐車場に車を停めてお待ちいただけますか。1時間ほどで向かいますから」
すると、本当にやってきた。樹海デリヘル嬢が、車に乗ってやってきた。運転手はおらず、単独でやってきた模様。
このときの証拠写真がこれ。

juka65.jpg

20代前半とおぼしきギャルが、「じゃあ、行きましょうか」と慣れた感じで、樹海へと続く細い道を歩きはじめた。
実はこのスポット、樹海マニアの間でもあまり知られていない場所で、足を踏み入れる人間は皆無といっていい。5分も歩けば、もうどこからやってきたか方向感覚さえ狂いはじめる。
「じゃ、ここで」
樹海デリヘル嬢はそう言ってレジャーシートを敷きはじめる。さすがにプレイ中の写真は撮らせてもらえなかったものの、お互い全裸になってのフェラ、そしてスマタでフィニッシュ。

juka17.jpg

それにしてもこのデリヘル、樹海と同様にかなり奥が深い。デリヘル嬢がこんなことを言っていた。
本当の自殺志願者の相手をしたのは3回くらい。最後だから、と記念にエッチしちゃうと、また生への未練がたちきれなくなって『駅まで送ってくれませんか』って(笑)。それ以外は青姦マニアばっかり。でもここ、夏にヤル分には人の目を気にしないでいいから最高でしょ」

この樹海デリヘルは実在する。
「甲府」「デリヘル」「○○○」で検索してください。
イキタイヒトハゼヒ。

関連記事

名古屋のワリキリ妻が忘れられない

そういえば、売春島として知られる渡鹿野島から東京に変える途中で、出会い系にアクセスし、名古屋でちょっと遊べないかと数人とメッセージのやりとりをしていたところ……。
「カラオケしてくれる人を探しているの。ついでにエッチも!」
なんてノリのいいワリキリ人妻36歳を発見。さっそく名古屋駅近くの公園で待ち合わせ。なんと彼女、マイカーでお出迎えに来てくれました。
nagoya14.jpg

その名古屋妻、とても子供を産んだようには見えないスレンダーな体型で、大島優子を名古屋巻きにしたらこんな感じでしょうか。
「夕方5時には家に帰らないといけないからパッパとやりましょう」さっそく車でホテルにチェックインし、まずはカラオケ。2、3曲歌ったところで、仲良く風呂につかり、そのままベッドでくんずほぐれつ。
nagoya70.jpg
なにより、そのプルンプルンのDカップの揉み心地と舐め心地は最高。
出会い系ではいろんな地域でオイシイ思いをしたけれど、人妻に関しては、やはりこの名古屋で出会った人妻が一番でした。
関連記事

エロDVDの宅配を頼んだらオンナがセットでついてきた

今やネットで無修正動画がタダで見られる時代。にもかかわらず、某田舎町で宅配裏DVD屋が大繁盛しているとの情報をキャッチした。
宅配裏DVD屋というのはいわゆるアレです。ポストにチラシを入れておき、それを見た客がチラシに書かれた携帯番号に電話。すると、自宅までわざわざ届けに来てくれるという昔からあるエロ宅配サービス。
DVDは10枚で1万円ほど。相場よりも高いが、このビジネスには裏がある。
利用したという知人がこう話す。
「ビビりました。宅配にやって来たのが若い女の子だったんですから」なんと、デリバリーに来たのは女の子。しかもかなりの美人だった。



まだ話は終わらない。
しばらくして、その男の携帯に業者から電話がかかってきた。

「今、届けに来た子、サービスさせることもできますよ。まだ家の前で待ってますから。どうですか? DVDだけじゃつまらないでしょう」
女の子のお値段はDVDと含めて5万円。ちょっと強気の値段設定だが、リピーターが多くついているとか。
利用した知人によると……。
「いつも無修正のDVDを一人で見ていたので、女の子と一緒に見て、しかもフェラとかしてくれて、とても新鮮な気分でした。オンナ目当てにデリヘル頼むのはやはり周囲の目もあるし、ちょっと怖い。だけどDVD宅配ってことだから何となくOKかな…と。週に1回は頼んでます」
宅配裏DVDの利用者と言えば貧乏でさえない中高年が頭に浮かぶが、そもそもそうした場所にはポスティングしない。営業地域は比較的都市部から離れた郊外中心。
顧客層の中心は、独居の未婚の50代。夜遊びもせずに、一番金を貯め込んでいる層なんだとか。
この新手のDVDデリヘル、今後は地域拡大を狙っているとか。






関連記事

未成年手コキ風俗はなぜ流行る

ここ2、3年前から都内は手コキ風俗が全盛期を迎えている。
手コキ風俗とは、文字通り、スマタやフェラではなく、手だけでイカせる風俗。
ちなみに手コキすらせずに、「ただ見ているだけ」というのはオナクラ、もしくはオナ見せなどと言われている。
たしかに、今年は春から秋にかけて手コキ風俗に行きまくった。
なかでもハマったのが、未成年(といっても18歳ギリギリの年齢なので合法)をうたった手コキ風俗店。
池袋でデリヘルの店長をしている友人に紹介してもらったのだが……。
「いや、アソコは本当にみんな若いよ。実際は19歳とか20歳でも見た目は15歳とか。そういう子ばっかり集めてるからリピート率が高い。もちろん俺も常連だけどね」
その店長が言うように、その店はなかなか大盛況の様子。フリーで行っても1時間待ちなんてのはザラ。心得た人は、朝イチで人気の子を指名予約しております。
未成年手コキと聞いていたので覚悟はしていたものの、実際に行ってみてかなり驚いた。
ついた女の子はまるで16歳くらいにしか見えない。
「きみ、いくつ?」
「18歳だけど」
「じゃあ干支は?」
「………なにそれ? ちょっとよくわかんなくて…」

tekoki1134.jpg

干支がいえないのはもしかして……?
モヤモヤを抱えながらも、基本料金(ホテル代別)の3千円に「トップレス」「乳首なめ」などのオプションを追加。結果、ホテル代込みで6千円ほどの出費になってしまったが、めちゃくちゃ若い未成手コキ嬢の初々しいサービスはなんとも格別。
とくにまっピンクの乳首のお味ときたら……こりゃあ流行るわけですな。
関連記事

沖縄ちょんの間に売られた女

沖縄には安くて本番できる裏風俗が目白押し。その代表格がちょんの間。
かつては3大ちょんの間として栄えた真栄原、新町、そして吉原
真栄原と新町は摘発の影響で、ほぼ壊滅状態だとか。
タクシーの運ちゃんに聞くと…。
「どこもゴーストタウンになっとる。お店の灯りを消して、バレないように細々とやってるところもあるけど、すっかり寂れたもんさ。風俗なら辻のソープ紹介すっか?」
それでもしつこく食い下がると、「う~ん、どうしてもって言うなら」と案内してくれたのが吉原のちょんの間街。
okiya133.jpg
1発の料金は5000円と格安。
ぱっと目についた女の子を指名して、さっそく3畳ほどのやり部屋へ。
シャワーなんてものはありませんn。
洗面器のお湯でチ○ポをじゃぶじゃぶ洗って、ゴムつけて、挿入して発射。
正味5分ほどで果ててしまいました。
「まだ時間あるから(本来は15分で5000円)」ということで、タバコをふかしながら世間話をすることに。
やはり、というか。こんな最果ての地で、わずか5000円でカラダを売ってるなんてどう考えてもまともじゃないと思っていたが……。
「わたし、ここに売られてきたんです。ホストの売り掛けが払えなくて。100万円とかそのくらいだった。でもここに売られるときに何人も仲介者が入ったみたいで、200万円くらいになってた」
1日に平均して2万円から3万円の収入になる。
しかし、「寮の家賃」という名目で1日2万円のショバ代を徴収されるという。
いったい彼女が借金を清算できるのはいつになるのだろうか。
関連記事

高学歴女性だけを集めたデリヘルがある

ちょっと前に大阪の女性教師が風俗バイトをして解雇されたというニュースが報じられました。
風俗バイトの目的は借金返済。
わずか100日あまりでなんと約160万円も稼いでいたというから驚き。
しかもフルタイムの勤務ではなく、あくまで副業としての金額というから、どれだけ人気だったのかがわかる。
ただ、全員が公務員というわけではないが、高学歴女性だけを集めたデリヘルが都内には存在する。
やはり風俗にどっぷり浸かったような女性より、どこかしら知的なオーラを漂わせた女性の方が、それなりにリピート率も高いそうだ。



しかしなぜ、OLになってまで風俗バイトをするのか。高学歴デリヘルの店長に聞いてみたところ……。
「もっとも多いのは大学の奨学金の返済。普通の企業や地方公務員になっても、最初のうちは給料もたかが知れている。『早く返済したい』という思いで、週末だけ風俗バイトするケースは多い。あとは社会人になってはじめて作ったクレジットカードでばんばん買い物をしまくって膨れ上がった借金とか」
ちなみに私も都内でデリヘル遊びをしまくっていたが、“一流企業のOL”や“現役教師”がついたことがある。
共通して言えるのは、どこか素人っぽさを残したところ。フェラにしても、ジュポジュポなんてイヤらしい音は立てずに、とても上品におしゃぶりしてくれる。あとはチップ次第で、本番交渉も割とOKな点。
とても記憶に残っているのが、某女子高に勤務する現役体育教師。ずっと陸上をしていて、全身に無駄な肉はほとんどない。それでいて、セックスは肉食系。アソコもマッチョなのか、かつてないほどの締めつけを堪能いたしました。
「女子高だから男と接する機会がないでしょ。だからこのバイトは性欲発散のため。学校のストレスもココで思いきりぶちまけてスッキリしているの」ちなみに高学歴デリヘルは1時間で2万円とやや強気の値段設定。
気に入った女性がいれば、愛人契約も可能だという。そう、そのデリヘルは愛人斡旋ビジネスも手掛けているそうだ。
なんとも商売上手なデリヘルでした。

関連記事

売春島に1週間泊まってみた 4

なけなしの貯金をはたいてやってきた売春島。
持ってきた現金は20万円ほど。行きの交通費で約1万5千円。
気づけば6日目に突入し、宿泊費に、酒代、そして遊び代でもろもろ15万円もの金を使っていた。
正直、女を買うのも飽きてきたのは事実。
半径1キロもないようなこの島はほとんど歩きつくしたし、1週間もここに滞在するのは無謀だったのかも……思いながらも6日が経った。
何しろ売春以外の娯楽といえば、釣りか狭い島内の散歩くらいしかない。
そしてなぜか、この島に来てからというもの、誰かに監視されてるような気がしてならない
夜、メインストリートを歩いていても、確かに感じる。

watakano 022

……じめっとした視線を。この夜、入った置屋は中国系の美女ばかり。そこでドキッとしたことが。
40代半ばのママさんがいきなり、「ああ、アナタ○○ホテルに連泊している人ネ」と。
確かにこの島に一人で連泊する客は珍しいけど……。
あらためて狭い島なんだと思った。

さて、この日買ったのはスレンダーな中国人妻。
置屋があまりに閑古鳥が鳴いていたので値引き交渉をするとショート2万円が1万2000円になった。ラッキー。
あいにく彼女、生フェラやクンニはNGだが、透き通るような白い肌は絶品。
watakano1133.jpg

「夜はめいっぱい働いて、昼は島のアパートでずっと眠ってる。だから日焼けはまったくしないの」
そう言いながら腰をくねらせる。激しさはないものの、くねくねと腰が動くにつれ、徐々にアソコの締まりもキツくなる。これぞまさに名器! と感心する間もなく発射してしまった。
そういえばこの島の女の子で日焼けしている子は少ない。いや皆無といっていい。
暑かった夏。

彼女たちは陽がのぼると、仕事を終えて、それぞれの寮もしくは自宅で過ごす。そして多くの外国人女性が息を潜めてこの島で生活をしている。
翌朝、渡し舟に乗り、早々に島を発つ。ふと振ると、そこは人が住むには本当に小さな島だと改めて思った。
watakano081.jpg



Pacific Girls.COM




関連記事

売春島に1週間泊まってみた 3

売春島2日目の朝を迎える。
まずはホテル内にある温泉へ。その温泉は露天ではないが、壁一面がガラスになっていて、湯船につかりながら、海が見渡せる。それはまさに絶景。
平日ということもあって、他に客の姿はなく、貸し切り状態。
朝食後、島内を散策。海沿いをてくてく歩くと、やがて細い坂道に出る。
そこを抜けると、かなり広い公園があった。眼下に広がる海を見渡しながら、一服。
それにしてもこの絶景。
watakano123.jpg

「売春島」などと呼ばれているが、セックス産業がなくても充分にリゾート島として観光客を呼べるのでは……と一瞬、思ったりもするが、やはりこの不況では難しいか。
さて、この日、置屋から連れ出したのは35歳の人妻。
料金は泊まりで4万円ジャスト。ややぽっちゃり体型だが、そこは我慢。
10畳の客室の中央に布団を敷き、全裸にする……すると、
これが清楚な顔には似合わない真っ黒な剛毛ちゃん
なぜか剛毛を見ると幸せな気分になる。
ワレメをそっと指でなぞると愛液がジンワリと……。
watakano221.jpg


ゴムを装着して1回目の性交は正常位でフィニッシュ。
その後は酒を飲んではハメ、ハメては酒を飲みの繰り返し。
もう打ち止めか……と思っても、この人妻さん、何度も何度も求めてくる。
「まだデキるでしょう……じゅるじゅる」
昨日のタイ人女性もよかったが、この人妻さんのフェラ技もかなりの吸引力。何度も何度もイチモツを奮い立たせてくれた。
極めつけは……。
もう布団の上じゃ飽きちゃったでしょ。コッチでやりましょ」
人妻さんが窓を指さす。窓を開けると、すぐ前は港。しかし深夜なので、ひと気はゼロ。
窓を開け放して立ちバックをリクエストしてきたのだった。
これには大コーフン。汗だくのカラダにひんやりとした夜風が当たって心地よく、また露出プレイにも似たマニアックな快感に襲われ、あっという間に射精してしまった。
置屋遊びは泊まりに限る。それもエロい人妻が一番。とつくづく思う夜だった。
関連記事

売春島に1週間泊まってみた 2

江戸の時代から風待ちの船乗りたちで賑わった渡鹿野島。
昼間は健全な観光リゾート地。しかし日が暮れると通りには怪しいネオンがまたたき、置屋の娘たちが春を売る。それがこの島の本来の姿といっていいかもしれない。
ふらりと入った居酒屋で知り合った事情通がこんなことを教えてくれた。
「ちょっと前まで警察の摘発を危惧する声もあって、イイ子はみんな大阪や京都の置屋街に行っちまった。外国人もだんだんいなくなった。昔はタイにロシアにフィリピンに、世界各地からイイ女が集まってきたんだけどね。最近はもっぱら借金を抱えた人妻ばかりかな」
居酒屋を出て渡鹿野のメインストリート(といっても30メートルくらいしかないが)に繰り出す。
通りで客を引いていた婆さんに話しかけてみる。
「もう遊べる?」
「あ~、うちは日本人ばかりだから安心だよ。遊んでいくかい?」
お値段はショートで2万、泊まりで4万。さっそく置屋に連れていってもらう。

watakano029.jpg

スナックのような店には50代のママ。そして20代から30代の女性がズラリ。
「若さで選ぶならタイ人、サービスで選ぶなら日本人」 先ほど会った事情通の言葉を思い出しながら、さんざん迷った挙句、目鼻立ちのハッキリしたタイ人女性を指名し、ちょっと離れたところにあるヤリ部屋へ…。
watakano039.jpg

そこはまさに昭和の時代にタイムスリップしたかのような古びたアパート。
台所も風呂もない部屋が、そのタイ人女性の仕事場であり寮なのか。
「私の旦那さん、名古屋にいるね。2ヶ月に一度くらいはココに遊びにきてくれるから寂しくない」
タイから日本にやってくる際に、お見合い(?)で知り合った日本人男性と国際結婚。現在は離れ離れの別居生活を送っているというがどうも胡散臭い。が、人妻には変わりない。
服を脱がせて全裸にすると、薄めのアンダーヘア越しに外国人特有の大ぶりで黒ずんだヴァギナが……。ゴムつきながら、フェラのテクはなかなかのもの。タマの裏まできっちりと舐めあげる仕事ぶりに、挿入してわずか1分ともたずに果ててしまった。
まだ売春島に来て初日。
さすがにハシゴするわけにもいかず、ホテルに戻る。
でも10畳の客室にポツンと布団を敷いて寝るのはさすがにさびしい。
「明日は泊まりで女を買おう」と心に決めて就寝。(続く)
関連記事
プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
38位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!