FC2ブログ

長野で発見 ちょっと変わった連れ出しスナック

風俗不毛の地と言われる長野。
ソープランドはもちろん、店舗を構える風俗店はほとんどなく、
デリヘルなどの出張型がほとんど。
だが、たからこそアングラにはユニークな風俗店がゴロゴロある。
それが権堂町にある一軒のラーメン屋だ。
一見、普通のラーメン屋だが夕方にはラーメンは品切れになってしまう。
「スープがもうなくなっちゃってね。悪いね」
店のオヤジはこう言って客の反応をうかがうようだ。
事情を知る客は構わずにビールを注文する。
すると、店の奥から女のコがやってきて、
「私も一杯イイデスカ」という流れ。
昼はラーメン、夜は連れ出しというかなり変わった店だ。
連れ出し料金は2万円。
ちと高いが、他にあまり選択肢がないせいか(?)、
かなり繁盛しているようだ。

この日、連れ出したのは中国美女だった。それもかなりの巨乳。
中国といっても南の雲南省あたりの出身のようで、
小麦色の肌がかなりエロい。
騎乗位で躍動するGカップ(推定)がいまだに忘れられない。
心に固く再訪を誓ったのでした。





地元民しかたどり着けない幻のちょんの間

鹿児島某所。
駅からタクシーで30分ほどいったところに幻のちょんの間街がある。

事情通いわく、
「風俗誌などでもほとんど紹介されたこともなく、
地元の人しか知らないちょんの間」とのこと。

実際に行ってきた。
ところが、それらしき建物は見当たらない。

なんでも見た目は普通の民家と変わらず、
玄関の扉を少しだけ開けているのが「営業中」のサインなんだとか。
他の客が入っているときも扉は閉まっているので、
根気よく待ってれば、必ずどこかには入れるとのこと。

それっぽい建物を見つけ、おそるおそる扉をあける。
すると、なかから30代後半の美熟女が現れた。

「いらっしゃい。さぁ、なかへどうぞ」

案内されるまま2階のヤリ部屋へ。
他のちょんの間と同じく、布団が敷かれただけの質素な部屋。
シャワーはなく、洗面器のお湯で下半身をバシャバシャと洗い、
ゴムをつけて挿入。
30分ほどのプレイで、料金は1万円ジャスト

じつはこのちょんの間街、年齢層の高さでマニアの間では有名。

「わたしなんてこの世界じゃまだまだ…
一番上で63歳の人も働いているのよ

30代後半の美熟女はそう言っていた。
なんでも、このちょんの間街の平均年齢は40代後半。
全国の超熟女マニアたちにとって、伝説のちょんの間街だというのもうなずける。





中国人ツアー客が殺到する女体盛り風俗

「女体盛りするやつは料理にも女にも愛情がない証拠や」

何かの料理マンガで見た料理人のセリフが強烈に印象に残っている。

女体盛りといえば日本伝統の(?)エロい遊び。
だがこのご時世、女体盛りをオーダーするのは中国人観光客くらいのものらしい。

東海地方でコンパニオン派遣会社を運営する知人が教えてくれた。

「中国人は何を勘違いしたかわからないが
日本じゃどこでも女体盛りをやってると思い込んでいて
ほぼ8割が女体盛りを注文してくる」


中国人ツアー客が女体盛りを注文するというので見学させてもらった。
ただ単純にハダカに刺身などを盛り付ければいい、という単純なものではないらしい。



「食品衛生上、女体盛りを振舞うには
室内は15度以下にキープしないといけない。
刺身など体温ですぐにいたんでしまうから」

「器」となる女性には、かなりの忍耐が必要とされる。
女体盛りを行う直前に、氷でカラダを清め、
肌の表面温度を限界ギリギリまで下げなくてはいけない。
場合によっては女体の表面にラップをしくこともあるそうだ。
サービス中はいくら寒くても身動きひとつできない。

そのため、知人がやっている女体盛りのサービスは
30分を目安に切り上げることにしている。
でなければ、器となる女性のカラダがもたないためだ。

女体盛りのお値段は最低5万円から。
そんな事情を知ると、けっしてぼったくりというわけでもなさそうだ。

DSCkonpanion65.jpg

女体盛りが終われば、当然、「女を抱かせろ」という流れに。
ここは「中国人(もしくは外国人)OK」の女の子しかいない。
それぞれホテルの別室にうつって、2万円で秘密のサービスが提供される。

もちろん女体盛りも含めて、完全にイリーガルな商売なので
ホームページなどはいっさいナシ。
長年つきあいのあるコーディネーターを通してでないと、
このサービスは提供しないようだ。





東北で定期的に開催される風俗奴隷市

「たいていは
借金でクビがまわらなくなった女。
とくにホスト遊びの売りかけがたまってどうしようもなくなった女とか。
ごくたまにパチンコにハマった主婦なんかも売られてるよ」

とある知人を介して知り合った風俗チェーンのオーナーはこう話していた。
不況、不況といっても、風俗店がもっとも苦労するのが人材の確保。
求人サイトや雑誌に広告を出しても、なかなか応募してくる女性が少ない。
応募があって採用となっても、なかなか定着せずに、どこか別の店に移ってしまう。
そのオーナーいわく、「グループ全体でみれば求人にかける費用は月に1千万円はくだらない」とか。
そこで「より確実な方法として」
風俗奴隷市なる場所で人材を調達しているとか。



それはともかく、風俗奴隷市なるものは、実際、定期的に行われているらしい。
とあるマンションの一室で開催され、そこには10人ほどの女性が集められる。
南は沖縄から北は北海道まで全国各地から男たちが買い付けにくるそうだ。
買取価格はその女性が抱える借金の額に、2割ほどの手数料を加えた金額とのこと。

「額が額だからね。表の人間はあまり来ない。
やっぱ裏風俗の人間ばかり。回転がいいところに売られていくよ。
たとえば沖縄のちょんの間とか。あそこなら1日に20人客をとって15万とか。
1ヶ月休みなしで450万。
きついのは北海道の某所のコンパニオン会社。
昼は本番デリヘル、夜はピンクコンパニオン
と24時間休みなく働かされる。
借金を返し終わるころには体か心かどっちかおかしくなってると思うけど…」

ちなみにその奴隷市。
売られる女性たちは、みな裸だとか。

「脱走防止っていうニュアンスもあるけど、
やっぱカラダが見えないとわからないでしょ。
いちいち『さあ脱いで』なんてやってたらまどろっこしくてしょうがない」

いったいどこでそんな人身売買のような事が行われているのか。
「東北としか言えない」
オーナーは来月も奴隷市に参加するという。トランクに札束ぎっしり詰め込んで…。





なぜか摘発されない出張JKリフレ

秋葉原のJKリフレ(添い寝サービス)がいっせいに摘発。
そして今度はJK撮影会が摘発。
JK=秋葉原というイメージが強いが、実は池袋もまたJKの聖地でもある。

「都会に住んでいる子って、わざわざ危ないバイトで稼ごうなんて思わない。だって友達バレとかするし。たいてい所沢とか埼玉あたりに住んでいる子が池袋とかにのぼってきて、冒険みたいな感覚でやるんじゃない? 秋葉原だったら千葉方面とか」

かつて出会いカフェで会った高校卒業したての専門学校生はこう話していた。
秋葉原と違って、表立ってチラシを配ったり看板を置いたりなんてことはないが、
実は秋葉原にはそうしたJK系の店がたくさんあったりする。

ただ会話を楽しむだけのトーク喫茶から、完全違法のアングラ撮影会など、その業種は多岐にわたっている。

なかでも出張型のリフレは2年ほど前から「JKが在籍」との噂も流れ、かなり客が入っているようだ。

利用方法は普通のホテヘルと同じ。
レンタルルームに入って店に電話。すると添い寝やマッサージをしてくれる女の子がやってくる。

PDVD_1115.jpg

この店の特徴は、けっして女の子がJKとはっきり言わないこと。
ただ、カバンがあきらかに高校指定のものだったり、
服はあか抜けているのに靴下は白ソックスだったり…。


その演出具合がとにかく絶妙らしく、多くの固定客を虜にしているという。
「もしかして現役……?」
ハラハラしながらも、添い寝に癒される出張リフレ。
今度は川崎あたりに2号店をオープン予定だとか。

プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
38位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!