FC2ブログ

究極にやばい 巣鴨の超熟女風俗に行ってきた2

前回の続き。
巣鴨で体験した超熟女風俗。
そこで出会ったのが72歳のデリヘル嬢。

しかし、そもそもなぜ巣鴨に超熟女風俗が多いのか。
今回の体験から、いくつか理由を導き出してみた。

1 待ち合わせ型のデリヘルも多い。他の街だと歩いているだけでかなり目立つが巣鴨ならお年寄りと歩いていても「孫との2人連れ」にしか見えない。
2 在籍している超熟女が客待ちの間、時間をつぶせる場所がたくさんある。


そして3つ目。
それはラブホテルも高齢者仕様になっている。意外とこれが大きいかもしれない。

この日、お店のすすめで利用したのは古めかしいラブホテル。
だが、入口から部屋にいたるまでは段差がほとんどなく、
バリアフリーを意識した作りになっていた。
部屋にあるお茶もティーパックではなく、お茶っ葉である。

「寒いですね~。お茶いれますから」

和室に置かれた卓で向き合い、
急須で湯呑にお茶を注いでくれた72歳のAさん。

お店ではかなりの売れっ子らしい。

「この間なんかね、お客さんに箱根に連れていってもらってね。
3日間だと、料金はだいたい10万円くらい
旅費とか宿泊代とか考えたら、『こんなおばあちゃんになんで?』
って思いますよね。
でもその方、30代くらいなんですけどね。
昔からおばあちゃん子で、でも早くにおばあちゃんを亡くされて、
東京でもひんぱんに指名してくれるんですよ」

その常連はこんなことを言っていたらしい。
『Aさんと一緒にいると、あの時できなかったおばあちゃん孝行ができたみたいで癒される』
かなりの大金をつぎこんでいるそうだが風俗的なプレイはいっさい求めないらしい。

Aさんいわく、射精を求める客とそうでない客の比率は前者が7、後者が3くらいだとか。

よく考えてみれば、彼女のような超熟女が、
若い子のようにフェラやスマタで奉仕するのは体力的にも難しい。
これは例の摘発とも関係あるのだけれど、
やはり客を射精させるには、●●しかない。
●●やっているのは明らかなのだから、「超熟女」を謳っている店は警察にマークされやすい。
だから最近は「超熟女」「60代」「還暦」をおおっぴらに謳う店はめっきり減った。

ちなみにAさんがこの店で働いているのは、
「若い人と接する機会がほしかった」というのが第一。
稼いだお金(といっても1日に何人も客をこなせるわけではないので日給にすれば平均5千円~1万円)は巣鴨で友人に食事をおごったりしてほとんど消えてしまうそうだ。

現在、都知事選まっさかり。
2020年には東京都の人口の4人に1人が高齢者になると聞いた。
嬢の供給はもちろん、客の需要も確実に増していくだろう。
現役バリバリの若いねえちゃんがお金ほしさに●●するのと、
超熟女が●●するのは、ちょっと意味合いが違うと感じた風俗体験でありました。

「あの…Aさん、写真とってもいいですか? 顔は出しませんから。ブログにのせたくて」
「ぶろっく? ……ああ、ぶろぐね。あの電子のやつね。どうぞ、どうぞ、こんなおばあさんでよければ。えっちなポーズとかはできないけど勘弁しておくれ」
choujukujo0079.jpg

どうかいつまでもお元気で。

究極にやばい 巣鴨の超熟女風俗に行ってきた1

このブログをはじめてそろそろ3ヶ月。
なんとなくはじめたこのブログ。

ごくたま~に副業でライター(おもに風俗潜入取材)をしているけれど、
文章や写真が雑誌か新聞に掲載されればそれっきり。
(風俗のお代を考えたら赤字ですね)
「なんかもったいないな~」と備忘録のノリで書き始めたところ、
最初の月の約5倍と、アクセス数もそこそこ伸びてきているようだ。
本業が忙しいときはどうしても更新が滞りがちですが、
今後ともよろしくどうぞ。

さて、ここからが本題。

なぜ「やばい風俗」にこだわるのか。


美人は3日で飽きる。とはよく言ったもので、いわゆる“当たり”をひいたときは
その場では盛り上がるものの、3日も経つとほとんど記憶にない。

逆に嬢がすごい××だったり、
探すのがめちゃめちゃしんどかったり、
入るのが躊躇われる完全非合法の闇風俗だったり、
スリルあふれる風俗体験というのはなかなか忘れられないもの。

だから、たまにはあえて地雷を踏んでみたくなる。
「高級デリヘルでモデル級の美人とハメた」なんて当たり前の話はつまらない。
しかし、やばい風俗は一生ものの話のネタになる。
そして何より“人間”の面白さを再確認する場でもある(と格好よく書いてみる)
そんなことをつくづく感じさせてくれたのが、巣鴨にある某デリヘル。
そこでお相手したのが彼女。
choujukujo950.jpg

御年72歳。
料金はホ別で60分1万円
ちょっと前に摘発で話題になった超熟女風俗。
一時は壊滅も囁かれたが、やはり老舗は生き残っているようだ。

「はい、ありがとうございます。ご希望はございますか?」
電話に出たスタッフの応対が小気味いい。
「できれば…あの…できるだけ高齢な方で」
「かしこまりました。ではホテルに入られましたらもう一度お電話ください」

という流れで駅近くのラブホで巡り合ったのが72歳の彼女。
いったいどんなプレイになるのか。

………続く

函館の連れ出し小料理屋がエロすぎる

北海道でピンクコンパニオン遊びを堪能し、ふらりと寄った函館。
そこで珍しい風俗スポットに案内してもらった。
そこは函館駅からかなり離れた飲み屋街。
といっても賑やかなのはメインの通りだけで路地に入るとシャッターだらけ。
風俗らしき店舗はまったく見当たらない。

風俗店オーナーが、一軒の小料理屋を指さしながら教えてくれた。
「ほら、あそこだけタクシーがしきりにやってくるでしょう
見た目は小料理屋だけど実は風俗紹介所みたにになってるんだ。
風俗紹介所がないから、あそこがデリヘル嬢の待機所みたいになっててね
たしかに、頻繁にタクシーがやってきては、
客らしき男女のカップルを乗せていく。
この小料理屋では、酒を飲みながら女の子を品定めして、
気に入った女がいれば、そこからデリヘルに電話して料金を確認
そこからはホテルでしっぽり…という流れらしい。
まるで風俗嬢を紹介するお見合い居酒屋のようだ。
実際に三十前後の女を連れ出してみた。
料金は1万5千円だった。
goto06.jpg

着やせするタイプなのか、服を脱ぐとかなりの巨乳で、
パイズリサービスはかなり秀逸。
騎乗位スマタでもその巨乳を堪能した。
函館の風俗ファンの間では「連れ出しの聖地」として認知されているようだ。





剛毛の風俗嬢をオーダーするメリット

あるデリヘル店長に聞いた話では、
「素人っぽい(新人の)子でお願いします」
こういうオーダーは、「若い子」「巨乳の子」と同じくらい多いそうだ。
風俗嬢に初々しさを求めるのも理解はできる。
とはいえ、「新人さん」に限って、妙にベテラン風俗嬢の匂いがプンプンしたり。
「新人」を口実に手コキでイカせようとしたり…。
そんな経験ないですか?
もし本当に素人っぽい子と遊びたいなら、
「剛毛の子がいい」
このオーダーにつきます。


もちろんプロ意識できちんとアソコの毛の処理をしている嬢はいる。
パイパンなんて、男を悦ばせる最高の演出じゃないか。
自分もある時期まではそう思っていた。
ところが。実際はそうとは限らない。
あるデリヘル嬢(むちゃくちゃ剛毛だった)がこんなことを言っていた。

「風俗嬢がパイパンにする一番の理由ってわかる?
たいてい毛じらみが原因だから。
スミスリンパウダーとか使って治してたけど
そのうち面倒になってパイパンにするの」




この話を聞いて、パイパン幻想は一気に消え去った。

つまり、極論をいえば
剛毛の女の子=風俗歴が短い
ということになる。

つい最近、九州の某都市に出張した際にデリヘルを呼んだ。
「剛毛の女の子がいい」
おそらくこうしたオーダーを受けたのははじめてだったのだろう。
店のスタッフはちょっと慌てた様子で…、
「しばらくお待ちくだい」

結果的に、このオーダーは大正解だった。
やってきたのは、彼氏いない歴半年の地元サーファー。
店に正式に在籍しているわけではなく、ごくたまにバイト出勤しているとか。

「わたし、まだやり方とかわかってないから
自信ないな」

そう言っていた20代の美ボディギャル。
イマドキっぽい見かけとは裏腹に、下着を脱がすと、
アソコのまわりからケツ穴まわりまで毛がびっしりだった。

アソコを指でなぞると、すでに剛毛の先にびっちょりとマン汁が糸を引いていた。
「スイッチがはいると豹変する」典型的なパターン。
ふさふさの毛に覆われたアソコは、「追加の通行料金」も不要。
お店にナイショで二度三度とお楽しみさせていただきました。

残念ながら剛毛専門店というのはいまだ未確認。
しいてあげるなら、

匂いフェチ専門店えっちなかおり
といったところでしょうか。






最高の爆乳デリヘル嬢 実は現役AV女優だった

たくさんのグラビアアイドルやモデルを抱える芸能プロダクション。
そのなかには裏でこっそり風俗店をやっているところも少なくないと聞く。
もちろん、それは悪徳芸能プロがむりやり働かせているわけではなく、所属タレントが生活費を稼ぐための場を提供しているといっていい。
どこかのアイドルが神奈川某所のピンサロ勤務がバレてクビになったが、事務所公認の裏バイトならその心配もない。
最近よく利用するのが、有名プロダクションが経営していると言われる高級デリヘル。
選ぶ女の子のレベルによっては1時間で5万円以上かかることも……。
DSC_0023のコピー
普通なら「人生一度は……」と最高級の(現役アイドル)コースを選びがちだが、このお店は最低ランク(といっても1時間2万円以上する)がおススメだったりする。
この事務所、実はAVプロダクションも経営していて、ごくたまに単体クラスの女優がヘルプで入っていたりする。
この日、指名なしでオーダーしたところ、20代前半の美女がホテルにやってきた。
ジーンズにシャツというラフな格好だが、そのプロポーションはモデル並み。
聞けば彼女、現役のAV女優で、「AVの仕事がメインだったんだけど、わたしパブ(雑誌記事や広告などの宣伝で)顔出しNGだから仕事がぜんぜん入らなくて…」とのこと。
服を脱ぐと、これが今年一番といっていい美乳が現れた。

DSC_0036のコピー

「顔を写さなければいいよ」と許可をもらい、撮影させてもらった。
ほどよく引き締まって、弾力もあり、なおかつ乳輪とのバランスが絶妙。

DSC_0106のコピー

プレイ内容については、詳しく書けない。
だが、さすがAVで揉まれてきただけのことはある。
サービスも、今年一番のエロさ。
ジュルジュルッ~ジュポッと大きな音を立てたフェラはAVで見たまんま。そのあまりにイヤらしいフェラの音がいまだに耳から離れません。

プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
38位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!