FC2ブログ

AV不況で「男優ホスト」が急増している

「まだ駆け出しなのでAVの仕事1本ではなかなか食べていけません。
夜のバイトに助けられていますよ」

こう明かすのはホストとAV男優という二足のわらじを履く新人ホストだ。
歌舞伎町では、彼のような兼業ホストが急増しているという。

老舗ホストクラブのスタッフが証言する。

「うちには知名度のある有名男優さんもいますが、
いわゆる”汁男優”のような無名の男優さんも在籍しています。
出勤日数が少ないので指名はもらえませんが、
人気ホストのヘルプでテーブルについて、
『AVの仕事をしている』と言うと、女性客の食いつきもいいらしいです。
とくに若い女性は、基本的に下ネタが好きですからね」


IMGP5948.jpg


男優ホストが増えている背景には「AV不況」があった。
単体女優とのカラミも任される中堅男優が言う。
「制作本数が減っているせいか、
最近はなかなか現場の仕事がまわってこないんです。
あったとしても、足元を見られてギャラを削られることもあります。
女性を上手に扱うという点ではホストも一緒ですから、副業を始めるのに抵抗はありませんでした」

以前ならば「週6日勤務」「遅刻したら罰金」といった厳しいルールが新人ホストに課されたが、
先ほどのホストクラブのスタッフいわく、
「今はどこのホストクラブも人手不足ですからね。
月に4、5日しか出勤できなくても、男優の肩書きがあれば即採用ですよ」

男優ホストにとって悩みの種が接客につきものの酒だという。
ある男優ホストが明かすには、
「飲むのが仕事のようなものですからね。
お客さんが入れてくれた高い酒をよく先輩ホストに飲まされますよ。
翌日に男優の仕事があっても、なかなか断れませんからね。
トイレでこっそり吐いたり、寝る前に水をガブ飲みするなど、いろいろ工夫しています」


AV男優専門ホストクラブが近々オープン予定だという。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

歌舞伎町で激安手コキを頼んだら……

新名所「新宿東宝ビル」ができて、
すっかり様変わりしたと言われる歌舞伎町。

とある平日、見物を兼ねて訪問。
たしかに、中心地の旧コマ劇あたりは観光客の姿が目につく。
しかし、中心地から少しはずれた大型パチンコ店の周囲には、
「ハーブ」やら「DVD」といった怪しげな看板が目につく。

その日、ふらりと入ったパチンコ屋で「花の慶次」を打ったところ、
3000円ほどで初当たりを引き当てて、
都合2万円ほどのあぶく銭を手にした。
そこで思い浮かぶのは風俗だ。

風俗の聖地といわれる歌舞伎町だが、
割高なラブホ代を考えると、ちょっと躊躇してしまう。

気軽にひと抜き……という時に重宝するのが無店舗型の手コキ店だ。
「新宿」「手コキ」で上位にヒットした店に電話をすると、
「すぐにご案内できます」とのこと。



指定されたレンタルルームに入り、狭い個室で嬢を待つ。
正直、あまり期待していなかったのだが、
会った瞬間に、心の中でガッツポーズしたほどの清楚系ギャルがやってきた。
30分の基本料金は3500円。
迷わずに上半身ヌードのオプションを頼むと、
キレイなおわん型のG乳が飛び出した。

手コキの手つきなどは繊細さに欠けるものの、
そこがまたフーゾク初心者っぽくてソソられる。

「まだなれなくて……」
ボッキしたペニスから目をそむけるように
手をスライドさせる姿がまたイジらしい。

ナデナデするうちに、
じょじょに固くなっていく乳首を愛でながら
ローション手コキでの発射となった今回の風俗体験。
また指名したくなり、G乳嬢に聞いてみると

「月に2、3回くらいしか出勤しないんだ。
出勤日は●●って名前でお店のHPにでてるから
次? う~ん……ちょっとわかんない」


tekoki3324.jpg


デリヘルやヘルスなど本格的なフーゾクはまだちょっと……
こんなウブな娘にめぐり会えた、一期一会の風俗体験。
“当たり”を引いたら
オプションのオールヌードや
オナホールを使っての擬似挿入

楽しむのもアリかもしれない。

指入れセクキャバがいよいよ東京に進出か

札幌、すすきの。
夜のお遊びといえば定番なのがハードセクキャバ。
かなりきわどいサービスをウリにする店も少なくない。

「最近話題になっていたのが桃白白というセクキャバ。
半個室みたいなところで、美女に両手を拘束されて
美女にアソコをイジイジされる。
ヌキはないし、接待には向かないけどマゾにはタマらない」




しかしすすきののハードセクキャバといえば、
なんと言っても指入れOKの店が思い浮かぶ。

ギャルの大事なアソコに指を入れるのだから、
客もそれなりの準備を必要とする。
店の受付には、爪切りと爪やすり、さらにアルコールの消毒液が
ここで爪を切り、やすりでなめらかに仕上げる。
店舗スタッフの厳しい爪チェックをパスして、はじめて店内に入場できる。

すすきのでも繁盛していたのがTバ○ク○イスク○ル。
ワイシャツ姿のギャルはおしなべてレベルが高く、
「こんなフツーっぽい子がなぜこんな店に」と驚かされたものだった。

yubi776.jpg

ハッスルタイムはだいたい20分間隔でやってくる。
対面座位のような格好でまぐわい、
生オッパイを眺めながら、アソコをホジホジできるとあって、
深夜まで多くの客で賑わっていた。
(自分は指入れは苦手なもので、オッパイだけを堪能したが……)

同じような指入れセクキャバは仙台の国分町にもあった。
入店までの流れはほぼ同じ。
ただ、仙台の店で面白かったのは、
「潮吹きギャル」を多く揃えていたこと。

「お客さん、次、すごい敏感な子をつけますんで。
潮めっちゃ吹きますから。ホント、ちょっと入れただけで
ソファとかビチョビチョになりますから」


確かに、やってきた子はものの30秒ほどホジホジしたところで
ピュピュッと潮をほとばしらせた。
なぜか手にはポカリスエット。
「潮吹くと喉乾くし。水分補給欠かせないの」
そう言ってまた別の席に移動していった。

susukino434.jpg


するとまた店員がやってきて、
「お客さん、次、もっとすごい子つけますよ。
くじらって呼ばれている子で、
天井くらいまで潮吹きますから」


こんなスタッフのウリ文句で、延長に延長を重ね、
気づけば料金が2万円近くに……。
遊びの予算をほとんど使い果たし、
すっかりふやけた指で、帰りにラーメンをすすったのは、
今となってはいい思い出。

とまあ、何かと思い出深い指入れセクキャバ。
本サロが各所にある首都圏ではそれほどニーズがないのか、
あまり噂は聞かなかった。
だが、今年の秋、
埼玉都の県境に近い某エリアに、
こっそりオープンするらしい。

情報提供者いわく、
「某地方都市の中堅風俗チェーンが
潰れた店舗型ヘルスを買い取って、
そこをセクキャバにする。
フツーのセクキャバじゃ客が入らないから
VIPルームでこっそり…というシステムになるそうだ」


yubiire440.jpg

北海道、東北では割りと有名なハードセクキャバ。
その指入れ文化が東京で受け入れられるだろうか。
キャストのレベル次第といったところか。

どうやって剛毛スポーツインストラクターをセフレにしたか

ちょっと前に書いた
風俗嬢の“裏引き”が解禁されつつある

本来は御法度の裏引き、つまり風俗嬢との店外デート
風俗嬢をプチ愛人にするツワモノも珍しくない。

しかしワリキリの関係とはいえ、
誰でも携帯番号やLINEのIDを教えてくれるわけではない。
それにはちょっとしたコツがある。

重要なのは地域。
自分の経験上、もっとも裏引きがしやすいのは千葉の成田
それも国際空港近くのデリヘルがいい。

まずは普通に客としてプレイ。その際、
「いや~、ちょうど乗り換えの便まで時間が空いちゃって」
と出張族であることをアピールしておきたい。

成田の風俗嬢にとって、海外は近そうで遠い世界。
海外出張に出かけるサラリーマンはみんなエリートに見えてしまうのかも。
(じつはそんなことはないのだけど…)

「また何ヶ月後か、
海外出張から戻ってきたときに指名したいんだけど
そのとき出勤しているかわからないよね…
でも君じゃないともうこの店は利用したくないし。
お土産買ってくるからさ…」

などと言って連絡先を聞くのがスマートかもしれない。
その口説き文句が通用するのが成田の強みか。

そうした風俗での出会いがきっかけで
かれこれ5年ほどの付き合いのある女性がいる。

jikabiki269.jpg

知り合った当時、彼女はまだ20代。
今もスポーツジムでインストラクターをしているが、生活費が足りず、
その頃は深夜の風俗バイトにいそしんでいた。

現在は何かの役職がついたらしく、そこそこ食べてはいけるらしい。

彼女が勤めていた店はもう潰れてしまったのでもう気兼ねはいらない。
ちょっとした所用で海外に出かけた際は
帰国時などにお互いのスケジュールを調整して成田で落ち合う。
ワリキリの関係だが、交通費程度でいいという。

もちろんこの日は長期戦になることが予想できたので
スーパーカマグラの準備も怠らない。
余談だが成田のラブホは安くて綺麗なところが多い。
それも成田でセフレを持つメリットのひとつか。

運動している女はなぜか淫乱が多い。
ラブホテルに入るなり、会話もそこそこに服を脱ぎ、
シャワーも浴びずに一戦交えようとする。

jikabiki567.jpg

たまに海外にいく用事がなくても、わざわざ成田まで出向くこともある。
写真の通り、スタイルがいいだけではない。
彼女はスポーツジムに勤務している割に、アソコの毛はまったく処理していない。
かなりの剛毛なのだ。
剛毛フェチの小生にとって、かなり有難い存在である。
前戯のときは、いつもその黒々とした生えっぷりを茶化す。
そのたびに
「手入れしている暇なんてないし。それにこのほうがいいんでしょう…」
と恥ずかしそうに視線を逸らすのがまた可愛い。

体力が有り余って仕方ないのか、いつも2回、3回と求めてくる。
それもお互い汗だくで抱き合うのが好きらしく、
夏場は空調をオフに。冬場は暖房をガンガンきかせてハメたがる。

jikabiki879.jpg

この日もコンドームが足りずに、フロントに追加で注文したほど。

jikabiki134.jpg

風俗嬢裏引きからセフレになるのはそんなに難しいことではない。
リスクが大きく、あまりおすすめはしませんが…。
やはり第一にカラダの相性、そして会うシチュエーション、
最後にものをいうのは精力かも。

エロいお座敷パブにハマる男子が急増中

昨年の夏頃から都内にもポツポツできはじめたお座敷パブ
座敷であることをのぞいて、料金システムなどはキャバクラとほとんど同じ。
その発祥は九州と言われているが、定かではない。

やはり靴を脱いで足を伸ばして、くつろげるのが最大の特徴か。
そしてなぜか「和風」をうたっているせいか、熟女がメイン。
しかもみなエロい。

東京の東部にオープンしたばかりのお座敷パブに、
知人と見学がてら遊びに行ったのは昨年11月下旬のこと。

1時間のセット料金は5千円。
けっして安くはないが、ホステスの熟女はみな胸元がぱっくり割れた和装コスチューム。
胸の谷間……というかホステスがノーブラのため、
ちょっと上半身をかがめただけで乳首がポロリ

客席がお座敷のため、ナマ足をからめてきたり、
ナマ乳を押し付けてきたり、カラダの密着度がハンパではなかった。

セクキャバのように、大音量の音楽がなりはじめるや
客にまたがって腰をふりふり…なんて騒々しいこともないので、
自分のペースで楽しむことができた。

しかしこのお座敷パブがもっとも盛り上がるのは、
看板の灯が消えた深夜0時以降。
この時点で入口は鍵がかかる。帰るときは裏口から。

スタッフが小声で話してくれたのだが、
閉店後も延長した客だけが、「闇営業」を満喫できるという。
といっても抜きがあるわけじゃない。
酔っ払った熟女ホステスがチップほしさに、どんどん脱いでいく。
ノリとしてはハプニングバーに近いかもしれない。

どうりで夜11時を回った頃から急に客足が伸びたわけだ。
しかも客の男は、意外と若い連中が多かった。

結局、深夜2時すぎまで友人に付き合って
お会計は1人2万円ちょっと

深夜の裏営業は別として、
こうしたお座敷タイプのパブ、キャバクラが
今後も増え続けるかも?





プロフィール

FC2USER420377WUW

Author:FC2USER420377WUW
本業のかたわら、風俗コンサルタント兼風俗ジャーナリスト風祭五郎として執筆活動を行っております。仕事柄、全国各地の風俗地をとびまわっては、風俗遊びをしてオッパイを撮らせてもらったり、たまには出会い系で引っかけたオンナとハメ撮りしたり……。全国各地の膨大な風俗写真を撮りためしております。ブログにアップしている写真は加工しております、念のため。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
14位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ハッピーメールバナーハッピーメールバナー 熟女のサンプル動画が見放題!